士業経営勉強会 中国地方
  士業経営勉強会トップページ > 開催の目的、参加のメリット 
開催の目的、参加のメリット
 
 
士業経営勉強会の開催の目的
     
 

目的は次のとおりです。

士業(資格業)が自分の事務所の運営や経営等を考え、
参加者と共有しながら、学び合う。

結果、経営・運営が安定し、顧客に付加価値を提供できる状況を創り出す。
同時に、付加価値を提供する考え方や方法も学ぶ。

これらを行うことにより、地域社会の発展に貢献する。

士業の多くは、目の前の実務に忙しくて、実務以外のことを考える時間を創り出すことができません。その考え方、手法を知る術を持たないことも多いと思います。

専門サービスですから、実務を知ることも必要です。ただ、会得した実務の知識、ノウハウを、活かす方法も必要です。

この勉強会は、「活かす方法」を学び合います。

もう一つの側面として・・・

士業はそれぞれ、特色を持っています。

最も分かりやすい特色は、次の2つかと思います。

 スポットでの依頼をお受けし、遂行するのが得意な業種。

 継続での依頼をお受けし、遂行するのが得意な業種。

1は、司法書士、行政書士、土地家屋調査士等が挙げられます。
2は、弁護士、税理士、社会保険労務士等が挙げられます。

それぞれの士業が、普段、何気なくやっていることが、他の士業にとって、有益なケースはたくさんあるはずです。

資格を横断して学び合うことは、決して無駄なことではないと思います。

いろいろとありますが、「考える」「学ぶ」を通じて、最終的には「地域社会への貢献」を図るのが、この勉強会の目的です。

お会いできますことを、楽しみにしています。


     
参加のメリット
     
 

会への参加のメリットは次のとおりです。

知識

士業界の動向、経営の手法、地元の動向、異士業の検討している手法など、経営に関する知識を得ることができます。

共有

参加者同士が、「うまくいったこと」「改善したこと」の共有ができる。



⇒共通して使える要素を持ち帰って、経営に反映させることで、参加者は成長する。

客観的な意見

参加者が「やろうとしていること」を“利害関係が少ないが、士業という業界にいる第三者」に聞くことで、客観的な意見を得ることができる。


連携

参加者同士の連携が発生する可能性があります。
→販売チャネルの構築へつながる

モチベーション

考え続けること、そして、考え続ける第三者と会うことは、やる気にとって良いことです。

参加いただくことで、ご自身のモチベーションが上がります。

参加者が代表者であれば、その事務所全体に良い影響を及ぼすでしょう。

経営力、運営力

参加者の事務所経営の力、運営の力が上がります。


ここに書いていることは、絵空事のように思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、会を重ねるごとに、着実に、メリットとなっていって欲しいと願っています。

また、これらのメリットに限らず、参加いただく皆さまそれぞれが、皆さまご自身にとってのメリットが出てくるのではないかと思ってもおります。

 
なぜ、会を作ろうと思ったのか?
     
 

なぜ、こんな会をするのかと言いますと・・・

こういう場が必要だと思ったから

です。



こういう会、案外と珍しいと思います。

日本には、資格起業、資格業に関して、コンサルティング会社が幾社もあって、サービス提供がなされています。

それぞれ、すばらしい内容で、サービスをお受けになって、有益なものと思います。

当会(士業経営勉強会)は、非営利です。

非営利という言葉は定義が難しいです。

当会では、

参加費という実費をいただいて、その実費の中で運営する

という意味です。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

開催時に頂戴する参加費は、貸会議室の代金、会の周知、ウェブサイト作成、維持のため等、運営のために使用いたします。

もちろん、事務局として(一参加者としてと言ったほうがいいかも。)メリットがあるから、会の運営を行うのですが、会の運営で利益を受けるものではありません

しつこいようですが・・・
この会で、何らかのサービス、商品の販売を行う予定はありません

ただし、会の予算はあればあるほど、良い講師を呼べたり、新しい方にお知らせする機会が増えることになりますから、協賛企業がいらっしゃった場合に、チラシをお渡しする程度はさせていただくかもしれません。



士業の中から、「仲間内(うち)、一資格業界内ではない」「半分公的な位置づけ」での、勉強会が、立ちあがるのは、ひょっとすると、日本では初かもしれません。

 士業の中から立ちあがる

 資格を横断した

 非営利の

 経営、運営を学ぶ会

それが、士業経営勉強会です。

士業は、事業拡大が正解という業界ではありません。
かといって、現状維持が良いのかというと違うと思います。
事業拡大が正しい場合もあれば、お一人でしか成り立たない形態も正しい場合もあります。

発展や安定とは何なのか、考える機会を持つのも、この勉強会の目的でもあります。

     
参加の方法
     
  まず、主たる資格業登録(兼・優先案内登録)をおこなっていただく必要があります。(無料)

そのほか、参加方法の詳細についてはこちら(参加の方法)をご覧ください。
     
士業経営勉強会
について
   
士業経営勉強会とは?

開催の目的、参加のメリット

勉強会への参加資格
勉強会の内容 
参加方法
FAQ(ご質問と回答)
主たる資格業登録(兼・優先案内登録)フォーム 無料
主たる資格業登録規約、参加規約
   
参加申し込み
   
参加申し込みフォーム
   
開催予告、報告

お知らせ|第10回

お知らせ|第9回

ご報告|第8回

 お知らせ|第8回

ご報告|第7回

 お知らせ|第7回

ご報告|第6回 

 お知らせ|第6回

ご報告|第5回 

 お知らせ|第5回

ご報告|第4回 

 お知らせ|第4回

ご報告|第3回

 お知らせ|第3回

ご報告|第2回

 お知らせ|第2回

ご報告|第1回
   
事務局のご案内
   
事務局のご案内
   
協賛企業・団体のご紹介
   
協賛企業・団体のご紹介
   
 
   勉強会への参加資格、地域、開催場所について

【参加資格】

参加資格について、次のとおり、定めさせて頂いております。恐れ入りますが、ご了承ください。

 次の国家資格を有している。(順不同)

弁護士、弁理士、公認会計士、税理士、司法書士、社会保険労務士、行政書士、中小企業診断士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、海事代理士、技術士

 上記資格について、法律上の登録をしている。

 中国地方のどちらかに事務所を設けている士業の方。

 主たる参加規約に同意いただける。

詳しくは、参加資格というページをご用意していますのでご参照ください。

【開催場所】

当面、広島県広島市での開催を予定しています。

会場はできるだけ、皆さまの見聞を広めていただけるような場所(共同オフィス、インキュベーションオフィス、レンタルオフィス等)に併設の貸会議室を利用したいと思っています。
ホテルの貸会議室や、士業事務所での開催の可能性もあります。

  主たる資格業登録(兼・優先案内登録)(無料)、参加お申し込み(開催される勉強会への参加には参加費が必要です)

主たる資格業登録(兼・優先案内登録)(無料)はこちら



参加お申し込みはこちら



実際に開催される勉強会への参加には、参加費 約3,000円(簡単な懇親会あり)が必要です。

  事務局

事務局:ヒロジーコム

ヒロジーコム
〒733-0036 広島県広島市西区観音新町1丁目18-9第二菱興ビル5F 電話:082-503-5589 FAX:082-553-0277

士業経営勉強会 お問い合わせメールアドレス:

相互リンクサイト:中国地方士業交流会| 提携先を見つけたい、横のつながりを持ちたい、士業と知り合う機会がないという「士業」の皆様のための交流会